LIFE

仮想通貨のウォレットについて

投稿日:

 

 

2017年後半に一気に価格が上昇した暗号通貨ですが、2018年に入ってからは下落しバブル状態ではなくなりました。

 

暗号通貨ってなに??という方は、ビットコインなら聞いたことがあるかと思います。

暗号通貨で一番メジャーなものはビットコインであり、つまりビットコインは暗号通貨の1つです。

 

このブログでも簡単に紹介していますので、ちらっとのぞいてみてください。

ビットコインってなに!?

 

 

ちなみにですが、、、

世間一般的には暗号通貨ではなく、仮想通貨と呼ばれているため、仮想通貨で統一します。

 

 

一時期ビットコインは200万円を超えたのにもかかわらず、2018年4月現在70万円代にまで下がってきています。

私が初めてビットコインを購入したのは50万円代の時だったので、短期間の間に価格の上下の激しさを実感しています。

 

私が仮想通貨を購入していることを知っている人は、『ビットコインやばくない?』『めちゃ負けてるじゃん』などよく言ってきますw

ビットコインぼ価格が上昇している時もちょいちょい買い増しをしていたので、マジで資産マイナスです。笑

 

ですが、目先の利益は気にしていない&余剰資金で購入しているため特に気にしていません(*´ー`*)

生活を切り詰めて仮想通貨を購入していたらやばかったと思いますw

 

しかし、価格の上下は置いておいて、、、、

仮想通貨に対して実行できていないことがあります。

 

<スポンサーリンク>

 

 

仮想通貨のウォレットについて

仮想通貨をこまめに購入するにあたって、実行できていないことがあります。

それは何か。

 

 

 

それは、仮想通貨のちゃんとした管理です(`・ω・´)

 

ちゃんとした管理ってなんやーと思うかもですが、、、

現在私はイーサリアムだけ専用のお財布に保管していますが、他の通貨は取引所で購入してそのままにしてあります。

 

 

購入してそのままの状態。

これは非常に良くないです!

 

 

みなさんの記憶に新しい、コインチェック・NEM流出事件。

日本円580億円相当のNEMが不正に取り出されてしまった、、、というハッキング事件です。

 

仮想通貨は電子データであり、オンラインでのやり取りであるためハッキングのリスクをゼロにすることはできません

また、『データで抜け出せる→転送はカンタン→流出額が増える』ということになりやすいです。

 

ということは、ハッキングされて自分の仮想通貨がいつ無くなるのかヒヤヒヤしながら保持するのかな〜???面倒臭いし、嫌だなぁ〜と思う方もいるかもしれませんね。

 

先ほども書いたように、ハッキングのリスクをゼロにすることはできません。

しかりリスクを少なくすることはできます(O_O)

 

 

どうやって仮想通貨を管理するのか?

思いつき電球

ハッキングから自分の仮想通貨を守るためになにをすればいいのか?

 

普段使っているお金をまず考えてみましょう。

 

日本円を管理、つまり持ち歩く時、みなさんどのようにしていますか?

 

まぁ、様々な人がいるかとは思いますが、多くの方は財布にお金を入れているのではないでしょうか?

 

仮想通貨も同じです。

通貨ですから(・ω・*)!

 

ただデジタルのお金ということで、実際に今使っている財布に仮想通貨を入れることはできません。

専用の財布を利用します。

 

財布、財布と何度も言っていますが、仮想通貨を保管しておく入れ物のことを『Walet;ウォレット』と呼びます。

 

 

<スポンサーリンク>

 

仮想通貨を保管するWalletの種類

 

Walletには大きく分けて2つのタイプがあります。

 

  1. Hot Wallet (ホットウォレット)
  2. Cold Wallet (コールドウォレット)

 

1つずつ書いていきます。

 

 

Hot Wallet (ホットウォレット)

オンライン

Hot Walletとは、オンライン上での財布のことです。

つまりインターネットに繋がっているということです。

 

オンラインウォレットローカルウォレットがこれに該当します。

 

メリットは、素早く出し入れができることです。

支払いなどを考えると、普段の生活にはもってこいって感じです。

 

一方デメリットは、ネット環境下ということでセキュリティ問題が一番に挙げられると思います。

ハッキングで狙われるのはHot Walletです。

 

 

Cold Wallet (コールドウォレット)

Cold Walletとは、オフラインにした財布です。

つまりインターネットに繋がっていないということです。

 

ハードウェアウォレットペーパーウォレットがこれに該当します。

私のイーサリアムのウォレットはこの↑ペーパーウォレットです(*´ー`*)

 

 

ハードウェアウォレットって?という方はLedger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット どうぞ。

サイトを見ると、『あぁこういうものか!』というのがわかるかと思います。

 

Cold Walletのメリットは何と言ってもハッキングのリスクがほぼないこと。

これに尽きるでしょう。

結構ハードウェアウォレットで管理されている方が多い印象を持っています。

というのも、ハードウェアウォレットの品薄状態が続いているからです(´∀`)

 

 

もし在庫がなくなっても予約を受け付けるそうです。

今後も市場が拡大していくであろう仮想通貨のWalletを今のうちに確保しておきましょう!

 

 

 

一方で、ハッキングを一番に防ぎたい人には、Cold Walletにデメリットはないように思うかもしれませんが、デメリットも併せて紹介します。

 

Cold Walletのデメリットは、Walletそのものの紛失・故障です。

ハードウェアウォレットはUSBみたいなもので、PCと繋ぐ必要があります。

もし、Walletが故障してしまった場合はマイ仮想通貨サヨウナラです。

ペーパーウォレットは暗号などが記された紙で保管するものなので、暗号が見えなくなるほど劣化したり、無くしたらマイ仮想通貨サヨウナラです。

 

私は大事な書類はまとめてあるので、暗号が書かれたペーパーをなくすことはないですが、なんせ紙であるため若干心配する気持ちはあります。笑

 

<スポンサーリンク>

 

 

まとめ

最近価格が落ち着いてきた仮想通貨のWalletについて紹介させていただきました。

 

月間 仮想通貨にはWalletやハッキング事件について紹介してあるページがあります。

 

ハッキング事件が2018年1月に起きて、仮想通貨の管理の仕方が問題になっていると思います。

今まで、管理について意識していなかった方も、今後の管理の仕方について考えさせられた事件だったと思います。

 

購入して取引所に置きっぱなしではなく、様々な種類のあるWalletの特徴を把握し、自分にあったWalletを使用して仮想通貨をハッキングから守りましょう(・∀・)

 

 

-LIFE

関連記事

コイン

ビットコインってなに!?

  最近、暗号通貨(仮想通貨)・ビットコイン・アルトコインなどのワードをTVなどでよく耳にするようになりました。 CoincheckやBitflyerのCMも頻繁に目にします。 私は初めに簡 …

ビットコイン

アルトコインについて

  ビットコインは知ってるし、聞いたことあるけどアルトコインって何? と思われる方もいるのではないでしょうか?   私もアルトコインって何?って感じでした。 今年はアルトコインをど …

勉強

お金の勉強

    以前、投資信託について少し書かせていただきました。   月に少しづつ投資信託を購入して10年後、20年後の資産を増やそう!というものです。 詳しくは投資信託の初め …

チェーン

ブロックチェーンの技術

  2017年ホットだった仮想通貨。 みなさん買っていますか? 私はCoincheck及びZaifで購入しています。 今後はBinanceで保管していこうかな~と思っています。   …

スマホ・チャート

知った時が始め時、投資信託

    私は昨年から投資信託を始めています。   普通に仕事をしていても給料は増えないし、将来のお金(年金とか)に不安があったからです。 毎月の給料から生活費や娯楽に使っ …

@ Sayaka

海外のひとり旅を愛する会社員。

フィンランドが大好き!

普段は旅行と全く関係ない仕事をしています。

色々なことに興味を持ちながらゆる~く日々を楽しんでいます。

>詳しいProfileはこちら