finland Travel ドミトリー ひとり旅

ドミトリーを活用しよう

投稿日:2017年11月10日 更新日:

海外に行くとき、ホテルを利用すると思いますが、せっかくだからいいホテルを予約しますか?

私は基本ひとり旅を安く済ませたいので、ドミトリーを利用します。

毎回、

>>Hotels.com

>>海外ホテル検索、Booking.com

にはお世話になっています!

 

現在は様々な宿泊紹介サイトがあるので、安いところを調べましょう!(笑)

 >>国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

 

 

 

ドミトリーとは?

ドミトリーってそもそもなんだろう?と思う方もいらっしゃるかとおもいますが、ドミトリーはユースホステルやゲストハウスなどの宿泊施設の相部屋です。

私が使用したことのあるドミトリーのほんの一部を紹介します。

 

・ブリュッセルの男女混合4人部屋

ブリュッセルのホステル

 

 

 

・フィンランドの女性限定12人部屋

フィンランドのホステル

 

 

 

・スウェーデンの男女混合6人部屋

スウェーデンのドミトリー

 

1つの部屋にあるベッドの数によって部屋の感じがだいぶ変わるかと思います。

12人の相部屋は大きい荷物などがあると、不便に感じます。

荷物を広げるスペースがないので(・.・;)

当然ながらプライベートな空間はないですね。

そのかわり、相部屋の人数が多い分安いです!

物価の高いフィンランドでも12人の相部屋ドミトリーは2000円しなかったです。

閑散期に訪れると、相部屋の人が全くいないパターンもあります。

6人部屋で自分ひとりとか!

でもそれに賭けて無理して大人数の相部屋に泊まってしまうと逆に疲れちゃうので、自分が楽しめるようなドミトリーのタイプを選んでください。

 

<スポンサーリンク>

 

 

あとサラっと書きましたが、ドミトリーには男女混合・女性限定(男性限定はあまり見かけない)があります

うーん(-“-)と思うのが、男女混合だと、カップルで利用している場合があることです。

自分がいても全く問題ないけど、いていいのかな?と少しだけ思ってしまいます。笑

 

女性の方ですと、ひとり旅で男女混合のドミトリーに泊まるのは勇気がいると思います。

ですが、私は今まで男女混合のドミトリーを使用して、危険な事にあったことはありません。

ただ、それは比較的治安の良い国でのことなので、アジアや治安が心配なところでは、少し高いホテルのシングルルーム等を利用するのがいいと思います。

それか女性限定のドミトリーか…。

 

あと、相部屋ということで、シャワーやトイレ、洗面台、キッチンは共同で利用します。

使いたい時間が被ってしまうと、なかなか利用できないこともあります。

個人的に夜早めに利用した方が空いているんじゃないかなと思います。

 

 

 

安全面について

基本ドミトリーは、同じようにひとり旅や友人と格安の旅をしている方が利用しているので、命を狙われるような危険はないと思います。

もちろん、貴重品は金庫にしまう・肌身離さないなどの最低限の管理は必要です。

ロッカーの鍵も貸してくれるドミトリーもあれば、自分で南京錠を持参して使用するドミトリーもあるので、ひとり旅の際は、南京錠やケーブルロック(自転車のワイヤーのカギ)を持参するのをお勧めします。

ケーブルロックは海外の電車で荷物置きを使用する際にも使えるので便利かな、と思います\(^o^)/

 

 

最後に

カフェで話し合う人々

さきほども書いたように、ドミトリーは世界中を旅しているバックパッカーなどが多いです。

ラウンジ的なところでは様々な国の方がくつろいでいます!

ドミトリーはプライベートがないし、シャワーやトイレ、キッチンは共同で利用します。

ですが、だからこそ魅力があるんじゃないかと思います。

 

ひとり旅をする醍醐味のひとつが一期一会です。

いきなりラウンジにいる人に声を掛けるのは勇気がいるかもしれませんが、相部屋の人にHi!とあいさつするくらいならできるのではないかと思います(私はこれも結構勇気振り絞っていますが。笑

 

是非コミュニケーションをとって世界の旅仲間を増やしちゃいましょう!

 

-finland, Travel, ドミトリー, ひとり旅

関連記事

大量のチョコレート

チョコレートミュージアム in Köln2

ドイツのケルンにあるチョコレートミュージアムについて続きを書いていきたいと思います!   前回のチョコレートミュージアム in Kölnも書いたようにチョコレート好きにはたまらない施設です。 …

アンコールワット

カンボジアに弾丸でひとり旅

カンボジアには世界遺産として有名なアンコールワットがあります。 私はアンコールワットのあるシェムリアップに3泊4日で滞在。 行く!と、決めたのは出発の一日前でした。 完全にノープランの旅でした。 &n …

Karl FazerのCafe

  前回Karl Fazerのチョコレートについて紹介しました。 というわけで今回はフィンランドのKarl Fazerのカフェを紹介したいと思います! 実は、数店舗あるのですが、オススメする …

フィンランドのEurohostel2

Eurohostelについて、以前紹介しきれなかった魅力などを紹介します。   宿泊タイプや値段について知りたい方はフィンランドのEurohostelへどうぞ。     …

人々の足

文化・人柄の違いを実感したお話(フライト編)

海外にいくと日本との文化の違いや人柄の違いを実感することがよくあります。 7月に訪れたフィリピンで、これが発展中のアジアか…と思ったことを、一部ですが紹介します。 もはや自分の下調べの甘さの失敗談です …

@ Sayaka

海外のひとり旅を愛する会社員。

フィンランドが大好き!

普段は旅行と全く関係ない仕事をしています。

色々なことに興味を持ちながらゆる~く日々を楽しんでいます。

>詳しいProfileはこちら