LIFE

話題の本を読んでみた

投稿日:

 

私は普段から結構本を読みます。

 

休日の朝だったり通勤中だったり。

まとまった時間で集中して読みたい派なので、正直通勤中に読むのはあまり好きではないのですが、仕方ない。笑

本に没頭できる休日は最高です(*゚∀゚*)

 

ちなみに小説とかは全く読みません。

あまり好きではないだけですが….

ビジネス書・自己啓発・金融系etc…

最近は仮想通貨の本が圧倒的に多いです!

 

基本的に読む本は本屋さんに行って決めます。

 

あらかじめ『これを買う!』と決めて本を購入することはほとんどなく、パッと見て惹かれた本を手に取り、パラパラめくって『あ、これ立ち読みしたくなるな』と思った本を購入します。

 

と言いつつ、考え方とか行動とかを尊敬している人が薦めている本は読んだりします。笑

 

今回は自分が気になっていたかつ、尊敬している人が薦めていた本について紹介したいと思います。

 

<スポンサーリンク>

 

タイトルと本のデザインに目を引かれた、お金2.0

本のデザインは後ほど見ていただくとして、タイトルすごくないですか?

結構お金について語ると、強欲・ケチとか思われがちなご時世で、パッと見ただけで何ついて書かれている本かすぐ分かる。

お金について普段あまり触れちゃいけない、話しちゃいけないと思っている方は、手に取るの勇気いると思います。

 

タイトルの2.0って何?ってなんだ?と思ったのですが、詳細はちゃんと記載されています。

 

捉え方が違っていたら申し訳ないのですが、既存のシステムを1.0として、それとは全く概念・枠組みが異なるシステムを2.0とする。

それをお金にあてはめて『お金2.0』というタイトルになったとか。

本を読んでいくと、今までのお金のあり方が今後変わっていくことについて書かれているので、タイトルの由来とか、意味とか分かると思います。

 

 

初めの方は、急激に変化しているお金と経済、テクノロジーについて書かれています。

 

皆さんも感じていると思いますが、最近Fintechというワードをよく見かけたり、仮想通貨の普及など。

ビットコインは大分認知されてきたのではないかな〜と。

私は仮想通貨に抵抗感を持ったり胡散臭いとか思わないのですが、友人や周りは怖い・抵抗感があると言っていました。

今、私が高齢だったら、仮想通貨を受け入れられなかっただろうな〜と思います。

 

著書にも記載されていますが、生まれた時になかったものに対して受け入れることは難しいというのは本当なのだな…と。

しかし、順応せざるを得ないというか、便利さ有用性に世間が気付き、一気にシェアが拡大する。

 

昔は絶対にスマホは使わないとか無駄に尖っていたのですが。笑

その利便性に今ではスマホは手放せません。

 

誕生〜15歳にあるテクノロジーは、自然なもの

15〜35歳に出てきたテクノロジーはワクワクさせるもの

35歳〜に出てきたテクノロジーは自然に反するもの

 

ほ〜〜〜と思いました。

私はこの35歳(あくまで目安だとは思いますけど)の年齢を引き上げたいなと思います。

 

自分の子どもがいたとして、その子が新しく出てきたものに対して夢中になっていたら『そんなことばかりして!』と怒ったり、心配になってるんでしょうか。笑

 

1つの経済圏でお金をぐるぐると回したり、シェアリングエコノミーについて書かれているあたりは、以前読んだ、

『なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

で読んだ内容に繋がるなと思いました。

 

<スポンサーリンク>

 

 

また、今までから現在にかけて『ツール』として使用されたお金についてハッとされられるような、そして共感できるような内容も。

 

お金を稼ぐことにフォーカスを当て、お金そのものに価値があったゴリゴリの資本主義から、お金はある。ならば何に価値を求めるか?

 

私がそうですが、生まれた時からそこそこお金、というか衣食住が保証されていて、少し贅沢をしてゲームやおもちゃ、現在では服を買ったり….

『うちにはお金がない!』とかよく聞いて育ちましたが、生活はできていました。

自分が働くようになってもそれは変わらず、ある程度は満たされている。

仕事をするようになってから、何に対してモチベーションを保てばいいのだろう?と常に思っていました。

仕事すれば必要なものは全て手に入ってしまう。

 

生まれた時から満たされた世代は、自分の価値、注目、信用などを求めるようになる(求めている)と書かれていて、本当にそうだなと思いました。

SNSで注目されたりすると自分に価値を感じたり、欲求が満たされる感覚。

『お金じゃ買えないものがある』という言葉が昔からありますが、まさにそれ。

 

給料よりもやりがいを求める人が多いというのもそういうことなのかな、と。

もちろん給料重視の方も多いと思います。

 

現在の私の仕事は、今の職場をやめてしまったら何も残らないので焦っていますw

『国家資格持ってると、手に職で羨ましい』ってよく言われるのですが、それしかないんですよね…

 

資格に一部価値があるだけで、自分にはなんの価値も残らないですから( ゚д゚)(私の資格は、ですが)

 

そんなことを改めて考えさせられました。

 

 

後半は、今後のテクノロジーの可能性について書かれており、そのテクノロジーを利用してどのように生活が変わっていくのか具体的に紹介されています。

近い将来ここまでくるのかと思うとワクワクする反面、その頃には結構歳を重ねているので、その時代に生まれる方は羨ましいなとw

 

まとめ

現在、身の回りの様々なものが変わろうとしています。

 

その流れや発達についていけるかどうかは自分のメディアリテラシーにかかってきます。

続けて知識を蓄えるためにも本をたくさん読んでいこうかなと思います!

 

読んでいない方は是非どうぞ。

300ページないくらいの量ですが、難しい内容が書かれている訳ではないのに読みやすいと思います。

 

 

-LIFE

関連記事

プログラミング

Udemyで動画を購入しました

  先日の取り柄のない女会社員がオンライン学習やってみるという記事でUdemyを紹介しました。   あの記事を書いた後、すぐに学びたい動画を探し購入しました。 今、現在進行中で学習 …

スマホ・チャート

知った時が始め時、投資信託

    私は昨年から投資信託を始めています。   普通に仕事をしていても給料は増えないし、将来のお金(年金とか)に不安があったからです。 毎月の給料から生活費や娯楽に使っ …

ethereum

ビットコインに次ぐ仮想通貨;イーサリアム

  今回はイーサリアム(Ethereum/Ether)についてです。 アルトコインの代表格です。 というのも、時価総額がビットコインに次いで2位! …..と言いたいところですが、 …

考える女の人

アウトプットが苦手…

  私は今ブログをこうして書いていますが、基本的にアウトプットが苦手な人間です。 いくつか記事を掛けているのは、自分が体験したことだからです。   本を読んだり(結構読書家です)・ …

英語の本

2週間フィリピン留学をした私が必要だと感じた最低限の持ち物

  夏休みに短期で留学しようかな?と考えている方も結構いると思います。 私も留学したのは夏でした。   留学エージェントを挟まなかったので、カウンセリング申し込みから渡航までスピー …

@ Sayaka

海外のひとり旅を愛する会社員。

フィンランドが大好き!

普段は旅行と全く関係ない仕事をしています。

色々なことに興味を持ちながらゆる~く日々を楽しんでいます。

>詳しいProfileはこちら