Sweden Travel ひとり旅

ノーベル賞選考時にノーベル博物館に行ってきたよ

投稿日:

 

スウェーデンのポップグループ『ABBA』が再結成すると最近ニュースになりましたね。

『ABBA』の曲が何曲も使用されたミュージカル映画『マンマ・ミーア』にハマった私的には嬉しいニュースでした。

 

その『ABBA』が誕生した国、スウェーデンは4つの国で構成される北欧のうちの1つであり、人気のある国の一つです。

 

スウェーデンに旅行に行って、おしゃれな北欧雑貨や買い物をするのもいいけど、歴史的な博物館もなかなかいいものです( ´ ▽ ` )

今回は、1年に1回盛り上がりを見せるノーベル賞についての博物館を紹介したいと思います。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

ノーベル博物館とは?

 

ノーベル博物館はノーベル賞に関わることが詰め込まれた博物館です。

 

賞を作ったアルフレッド・ノーベルのことや歴代のノーベル賞受賞者のことetc…

建物自体は大きくないし、数階にまたがっているというわけではないですが、1つ1つのエリアの内容は濃く、かつコンパクトにまとまっているので堅苦しすぎるという印象は全くありません(`・ω・´)

 

 

ノーベル賞が設立されてからすでに900名以上の受賞者がいるそうです。

天井を見ると歴代の受賞者の功績が壁掛けのようなものに吊るされています。

数が数だけに、本当に圧巻という感じ!

 

建物の中心にはノーベル賞の歴史が年代ごとに紹介されています。

もちろん全て英語。

ですが、長〜い文章で紹介されているわけではないので、単語をピックアップして内容は何となーく把握できるのではないかと思います。

 

また、受賞した彼女/彼らがどのようにして研究してきたのか、どのような環境だったのかをショートムービーで上映しています。

映像で当時のことが知ることができるのは博物館ならではという感じがしますね!

 

 

お子さんがいる家族連れの方も楽しめますよ!

バブルチェンバーという部屋があり、家族でノーベル賞に関することを学んだり、ムービーを見たり、実験をしたりすることができます。

そういう楽しいことをしているうちに、『アイディアが泡のように出てくる』という意味でバブルチェンバー(泡の部屋)という名前がついています。

 

………ですが、もちろん全て英語。

お父さん・お母さん頑張ってください。笑

 

 

絶対英語を読んだりするのは無理〜という方は、日本語のツアーもやっていますのでそちらの参加を検討してみてください(*´ω`*)

おそらく月によって変わるのかな?

詳細がわかれば随時更新をしていきますが、

 

2018年5月は

11日、15日、17日、25日の4日間、16:00〜日本語によるツアーを行なっています。

 

GWはやっていない….涙

 

 

英語でもいいぜ、という方は毎日30分ほどのツアーが行われていますのでご安心を。

ただし曜日によって時間帯が異なります!

 

 

ノーベル博物館の入場料

物価の高いスウェーデン。

高い入場料はやむを得なしです。笑

 

2018年4月現在

  料金
大人 120SEK (約1600円)
学生・シニア  80SEK (約1100円)

※18歳以下は無料です

 

いくつも観光地を回ろうと思うと、結構痛い出費かな。と思います。

物価の高い国や観光地の多い国は観光パス(スウェーデンならばストックホルムパス)を購入することをお勧めします。

だいたい何かしらの交通機関のパスもついてきますし…

(もちろんその国の観光パスによります!!)

 

スウェーデンに関してならば、スウェーデンで観光をするならストックホルムパスがオススメを参考にしてみてください(*´ω`*)

 

受付あたりで日本語のパンフレットをもらうことができます(簡単なガイド図みたいな)

館内を回る前に探してみてください〜

 

 

ノーベル博物館の開館時間

これは世界共通ですが、博物館などは月曜休みが多いです!

さらにさらに月によって多少開館時間が変わります。

 

9月〜5月

曜日 開館状況
月曜 閉館
火曜〜木曜 11:00〜17:00
金曜 11:00〜20:00
土曜・日曜 10:00〜18:00

 

※以下の日は例外として閉館日

12月24日、25日、31日

1月1日

 

 

6月〜8月

毎日、9:00〜20:00

 

※以下の日は例外として9:00〜18:00

6月5日、7日、13日、14日

 

開館日・時間についても2018年4月現在のことです。

必ず訪れる際にノーベル博物館を参考にしてください(*´ー`*)

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

ノーベル博物館で絶対食べたいアイスクリーム

これは割と本題だったりします。笑

 

ノーベル博物館の中には食事ができるカフェのようなところがあるのですが、そこではノーベル賞授賞式の後に行われる晩餐会で出されるデザートを食べることができます!!

 

私はメニューを見てどれがそのアイスかわからなかったので、

メニューを指差しながら『Which is famous ice-cream??』って店員さんに尋ねました。

 

 

英語があっているのかその時はわからなかったけど、伝われば問題ないです。笑

 

相当有名なので、すぐに店員さんもピンときてオーダーを通してくれました。

 

 

 

そしてそのアイスクリームがこちら

 

ノーベルアイスクリーム

白いドームみたいなやつがアイスクリームです。

中にベリーのソースが入っていたかな……曖昧ですが。

とても美味しかったですよ!

 

ちなみに、金のメダルみたいなやつはチョコレートです。

ノーベル賞のメダルをモチーフにしたメダル型チョコ(*´ω`*)

ノーベル博物館の有名なお土産です!!

 

お土産売り場で購入することができますので、ノーベル博物館を訪れた際には是非職場や友達に『ノーベル賞のメダル〜』と言って渡してみてください。笑

お値段は忘れました…..

少し高めです(:v;)

 

ちなみにこのカフェで天井を見上げると、、、

ノーベル博物館の椅子

 

椅子がぶら下がっている….!

 

このカフェに使用されている椅子の裏には受賞者のサインがあります!

食事の後にちらっと見てみると『おぉ〜!!』となるのでは?

 

私はあらかじめぶら下がっていて裏が見える椅子を見て満足しました。笑

 

 

ノーベル博物館のアクセス

ノーベル博物館は有名な観光地『ガムラ・スタン』にあります。

 

 

ストックホルム中央駅からメトロで1駅です。

たった1駅なら…と思って歩くのはお勧めしません。笑

 

メトロにはレッドライングリーンラインブルーラインがありまして、

 

ストックホルム中央駅〜ガムラ・スタン

レッドラインの

T13 (NORSBORG行き)

T14 (FRUÄNGEN行き)

 

グリーンラインの

T17 (SKARPNÄCK行き)

T18 (FARSTA STRAND行き)

T19 (HAGSÄTRA行き)

 

にのどれかに乗って、『Gamla stan(ガムラ・スタン)』で降りればOKです!

ストックホルムの交通機関についても今度書きたいな〜と思います(`・ω・´)

 

駅を出てからのアクセスなんですが、正直迷うことはないです。

観光客がガムラ・スタン駅で降りて、ガムラ・スタンに向かって歩いていきますので。笑

 

最悪わからなくても聞けばOK、『ガムラ・スタン』という単語だけでも伝わりますし、『ノーベルミュージアム』でもいいでしょう!

 

 

まとめ

ノーベル博物館ついてざっくりと紹介しました!

 

外観はとても立派ですが、広さ的にはそんなに大きくありません。

見るのに何時間もかからないのでガムラ・スタン観光の際に訪れてみてください(*´ω`*)

 

ちなみにノーベル賞選考シーズンはとても人が多いです。笑

偶然その時期に行ってしまったのですが、受付で結構並びました…..

 

女子旅に人気なスウェーデンですが、観光している時に日本人に会うことはあまりありません。

ですが、ノーベル賞選考シーズンの時はこの博物館の日本人率はすごいです。笑

 

日本語が飛び交っていました(*´ー`*)

 

スウェーデン観光の際はぜひお立ち寄りを〜

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

-Sweden, Travel, ひとり旅

関連記事

SUK18

バンコクでゴリ押しのおすすめホステル『SUK18』

  先日急遽タイ;バンコクへ旅立ちました。 もちろんひとり旅です!   2泊4日の短期間、かつ完全なるノープランでしたがとても楽しかったです。 ノープランすぎて時間を効率よく使えな …

フィンランドのオススメカフェ

海外に旅行すると、せっかくの旅行だし、行きたいところたくさん!ってなって、観光で一日が終わることもあると思います。 ですが、あえてゆっくり過ごしてみてはどうでしょう? フィンランドに訪れた際に必ず行く …

ホットチョコレートとお菓子

チョコレートミュージアム in Köln3

前々回、前回とチョコレートミュージアムについて書いてきました。   ざっくりとした全体的なことは、こちらを。 アクセス・入場料・営業時間などはこちらをご参照くださいヽ(^o^)丿 &nbsp …

アンコールワット

カンボジアに弾丸でひとり旅

カンボジアには世界遺産として有名なアンコールワットがあります。 私はアンコールワットのあるシェムリアップに3泊4日で滞在。 行く!と、決めたのは出発の一日前でした。 完全にノープランの旅でした。 &n …

ヴィンテージ車の中

文化・人柄の違いを実感したお話(タクシー編②)

  日本では、タクシーってちょっと贅沢な乗り物という感じがして普段あまり利用しないのですが(私だけかも…(笑))、フィリピン留学中は毎日のようにタクシーを利用しました。   日本人 …

@ Sayaka

海外のひとり旅を愛する会社員。

フィンランドが大好き!

普段は旅行と全く関係ない仕事をしています。

色々なことに興味を持ちながらゆる~く日々を楽しんでいます。

>詳しいProfileはこちら