finland Travel ひとり旅

ヘルシンキのトラム、メトロ、バスのチケットについて

投稿日:2017年11月8日 更新日:

以前、ヘルシンキを観光する際に利用できる交通機関について紹介しましたが、乗るために必要なチケット(切符)について今回は書きたいと思います。

 

ヘルシンキでは、トラム・地下鉄・市バスなどの公共交通機関を同一のチケットで乗ることができます。

 

ちなみに、ちょっとした観光やストップオーバーで滞在する際は利用することがあまりないかもしれないですが、近郊電車やスオメンリンナ行き市営フェリーも同一チケットで乗ることができます。

 

 

切符の種類

シングルチケット(一回乗車券)

このチケットは購入方法がいくつかあります。

ただし購入する方法によって値段が変わります。

夜料金というものもありますが(白夜のときのため?)、通常の料金のみ記載しておきます。

  大人 (€) 子ども (€)
運転手から 3.2€ 1.6€
自動券売機 2.9€ 1.5€
モバイルチケット 2.9€ ×
トラム専用チケット(券売機のみ) 2.5€ ×
スオメンリンナ12時間 往復5.0€ ×

モバイルチケットというのは、アプリで購入するものなので現地の方向けかと。

観光で利用する際は、自動券売機で購入するのがオススメです!

券売機の購入もシェアしたいですね~

 

くどいようですが、ヘルシンキのトラム・地下鉄・市バスで使えます。

チケットの刻印時刻から1時間有効です(一部1時間20分)。

時間以内ならトラム・地下鉄・バス乗り放題!

もちろん、トラム→バスの乗り換えも有効時間以内ならOKです。

 

また、2Zoneチケットは80分、3Zoneチケットは100分有効です。

細かいことなんですが、ドライバーから購入したチケットよりもチケット券売機で購入したチケットの方が有効時間が10分長いそうです。

券売機で買えよ\(^o^)/ってことですね。笑

 

<スポンサーリンク>

 

 

デイチケット

トラム・地下鉄・市バス・フェリーに使えます(相互乗り換えOKです)。

ただしヘルシンキのみで使用可能です。

正確には1Zone内(ヘルシンキ・ヴァンター・エスポーカウニアイネンなどいずれか)で下記の表の値段なのですが、ここに詳しく書いてしまうとごちゃごちゃになるため控えます(・.・;)

2Zone、3Zoneで使おうと思うと値段がガッと上がります。

 

ガイドブックなどで、電子カード的な写真が載っていますが、私は紙のデイチケットでした。

電子カードは車内のカードリーダーにかざして、緑のランプが点灯した時点から有効となります。

紙のチケットは運転手さんに見せればOKです。

1~7日券の7種類あって、期間を自分で選ぶことができるので、滞在日数に合わせたデイチケットを購入してください。

チケットは失くしやすいので、失くさない様に気を付けてください~

  大人 (€) 子ども (€)
1日 9 4.5
2日 13.5 6.75
3日 18 9
4日 22.5 11.25
5日 27 13.5
6日 31.5 15.75
7日 36 18

何日か滞在されるなら、このデイチケットの購入をオススメします。

私は初めてフィンランドにいったとき、あれ~思ったよりも高いな…と疑問に思いながらも、間違えて3Zoneのチケットを購入した失敗経験があります…。

上記の表よりもあまりにも高い料金が券売機で表示されたら、2Zoneや3Zoneを選択している可能性もあるので、損しないように注意してください。汗

 

 

ヘルシンキカード

トラム・地下鉄・バス・フェリーが乗り放題です。

また観光船や観光バス、空港からヘルシンキのフィンエアーのバスの割引などの特典があります。

また、博物館・美術館などの観光地が無料になるカードです。

  大人 (€) With REGION (€) 子ども (€) With REGION (€)
1日 46 50 23 25
2日 56 62 28 31
3日 66 72 33 36

With REGIONというのは、通常のヘルシンキカードをアップグレードしたもので、以下のメリットがあります。

  1. ヘルシンキ首都圏全体を無料で旅ができる(公共交通機関で)
  2. エスポーやカウニアイネン、ヴァンターで無料で旅ができる
  3. ヴァンター空港に行くことができる
  4. メトロ・バス・地下鉄・スオメンリンナ行きのフェリー・近郊電車・空港への電車を無制限で利用できる

通常のヘルシンキカードもWith REGIONのカードも高く感じるかもしれませんが、フィンランドは物価も高く、観光地の入場料が高いことを考えると、いくつかの場所を見たいのならこのカードを買った方が安いと思います!

 

観光案内所やキオスクなどで購入することができます。

 

 

チケットの種類を3種類ほど紹介しましたが、観光期間・目的などによって一番お得になるチケットを購入してくださいヽ(・∀・)丿

 

<スポンサーリンク>

-finland, Travel, ひとり旅

関連記事

フィンランドで適当に行動したお話

今日は遠回りしてホテルにたどり着いたお話。 空港から移動し、中央駅へ   どーんと大きい駅というより、ひらぺったい感じがします。 時計の両サイドの白いボールのようなものをもっているオブジェは …

空港の待ち合い

海外にひとり旅したきっかけ

最近、海外のひとり旅のツアーとかをネットや旅行会社でよく見かける気がします。   それだけ、現実投逃避したい方が増えてきているのか(笑)、海外に関心を持つ人が増えてきたのか…   …

フィンランドのEurohostel

フィンランドで初めて利用したドミトリーについて紹介します。 ドミトリーって?という方は、ドミトリーを活用しよう へどうぞ。     私がフィンランドで初めて利用した宿泊施設はEur …

Český Krumlov

チェコの世界一美しい街;チェスキークルムロフ

  世界一美しい街って知っていますか?   実はチェコにあるんです! チェコの首都であるプラハも美しいと思うのですが、それを超えます。笑   2週間でチェコ→オーストリア …

ガムラスタン

スウェーデンの旅;ブロンマ空港からストックホルムへ

    本日はスウェーデンについて。 以前の、スウェーデンにまた行きたいシリーズと思っていただければ。笑   今回は私が実際に利用した、空港⇆市内の移動方法について紹介し …

@ Sayaka

海外のひとり旅を愛する会社員。

フィンランドが大好き!

普段は旅行と全く関係ない仕事をしています。

色々なことに興味を持ちながらゆる~く日々を楽しんでいます。

>詳しいProfileはこちら