finland Travel ドミトリー ひとり旅

フィンランドのEurohostel2

投稿日:2017年11月14日 更新日:

Eurohostelについて、以前紹介しきれなかった魅力などを紹介します。

 

宿泊タイプや値段について知りたい方はフィンランドのEurohostelへどうぞ。

 

 

Eurohostelのサービスなど

サービスや公共で使用するものについて紹介したいと思います。

レセプション

まずホステルに着いたら、レセプションでチェックインしましょう!

入口から入ってすぐなので分かると思います。

担当してくれたお姉さんはとても親切でした!

ここでFree Wi-Fiのパスワードをもらってください。

チェックイン時に言わなくてももらえると思いますが。

 

深夜の到着でも、レセプションは24時間空いていますし、スタッフの方がいます。

チェックアウト時、ラゲッジルームに荷物を置きたいときや、セーフティボックスを利用したいときはこのレセプションで声を掛ける必要があります。

荷物を取り出したいときも、声を掛けて自分の荷物を回収します。

 

 

レストラン

レセプションと同じ1Fにレストラン(夜はバーっぽい)があります。

 

このレストランでは、€10で朝食ブッフェを食べることができます。

 

朝食ブッフェ利用時間

平日 週末
7:00~10:00 8:00~11:00

 

 

また、一品一品注文したい(普通に食事したい)場合は下記の時間になります。

アラカルト利用時間

月曜~木曜 金曜~日曜
16:00~22:00 16:00~23:00

 

 

私はこのレストランを夜利用したのですが、夜ひとりで食べていたもの…

それは…

 

ポテトフライとビール

どこの国でも食べられポテトフライ。笑

明日どこ行こうかな~

今後どうしようかな~

とか、いろいろな計画を立てなが、ちびちび食べてビールを飲んでいました。

フィンランドのビール『KARHU』おすすめです!

 

<スポンサーリンク>

 

キッチン

バックパッカーの方は基本節約して旅をしているため、自炊している人のために全てのフロアにキッチンがあります。

備え付けの備品として、

食器  カラトリー(ナイフ、フォーク、スプーン)  ホットプレート

冷蔵庫  電子レンジ  テレビ  ポット  フライパン

用意されています。

€10(デポジット:預り金)でプライベート冷蔵庫のロッカーを使用することができます。

 

 

 

バスルーム

といってもシャワールームですが。

すべてのフロアにセパレート型のシャワールームがあります。

Eurohastelのシャワールーム

たしか、3つでした。

他の宿泊者の方たちと時間をずらすことをオススメします!

中に着替えなどを入れた袋をかけるフックがあったかは不確かなのですが、写真でも分かるようにシャンプーなどを置く小さい台はあります。

着替えやタオルなどはビニール袋にいれることをオススメします。

 

フックがないホステルなども多いのですが、フックの有無って意外に大事だと思うんですよね…

着替え置く場所によく困ります(・.・;)

 

洗面台はシャワールームの目の前にあります。

ホームページにはドライヤーの準備があると記載されていますが、私は自分の部屋で髪を乾かしていた記憶があるので、常備されていないんじゃないかと思います。

 

あと、余談なのですがこのようなホステルに宿泊する際はビーチサンダルを持って行きましょう

意外に重宝します。

持っていないという方は、是非100均で購入を。

部屋でビーチサンダルを履き、そのままシャワールームを利用できるのは便利だと思います(冬に部屋でビーチサンダルは寒いかもしれませんが、シャワーを使用するときだけ…)。

スニーカーだと、せっかくシャワー浴びてスッキリしたのに…とか、濡れた足で靴を履くハメになってしまいます。

 

<スポンサーリンク>

 

ランドリー

ランドリーマシンのタイプは、スピンドライヤー・タンブルドライヤー。

用意されている備品としてアイロン台があります。

6:00~23:00間の、使用されていない時であればいつでも利用できます。

機械はコイン式なので、両替が必要ならばレセプションへ。

レセプションでは洗剤も販売されており、アイロンの貸し出しも行っています。

 

 

サウナ

サウナは7Fにあります。

Eurohastelのサウナ

日本人からするとホステルにサウナ!?となりますが、フィンランドでは普通です。笑

モーニングサウナ(6:30~9:30)は宿泊料金に含まれていますので、是非利用しましょう!

 

夜間のサウナは16:30~21:30に利用できます。

一度に10人ほど利用できます。

 

このサウナにはプライベートサウナもありまして、

3時間または5時間のサウナシフト、10人用のタオルが用意されています。

17:00~22:00の間に利用でき、スナックや軽食を持ち込む場合は、事前に注文しなければなりません。

また、更衣室に冷蔵庫があります。

 

利用料金

夜間サウナ
宿泊者 € 7.5/person 
宿泊者以外 € 15/person 
プライベートサウナ
宿泊者 € 99/person 
宿泊者以外 € 130/person 

 

フィンランド人はサウナが大好きで、お店にもたくさんサウナグッズが売られています!

フィンランド滞在時にはサウナを経験してみてください。

 

 

まとめ

Eurohostelのサービスはこんな感じです。

ホステルで素泊まりか…と思われるかもしえませんが、意外にも設備が良かったりします。

 

Eurohostelはフィンランドにあるだけではないので、海外にひとり旅される際には探してみてください。

 

<スポンサーリンク>

 

-finland, Travel, ドミトリー, ひとり旅

関連記事

ヘルシンキのトラム、メトロ、バスについて

フィンランドに行くという方はヘルシンキを観光される方がほとんどかと思います。 ヘルシンキの交通手段について紹介します。 ヘルシンキはコンパクトな街なので、歩いて色々なところを回れますが、もっと時間を有 …

フィンランドのバンド、Haloo Helsinki!の好きな曲

  前回紹介した、Haloo Helsinki! の曲で1番好きな曲を紹介します! …1番といいつつほとんどの曲が好きなのですが…(笑)   Haloo Helsinki!を知らな …

海の中

フィリピン超短期留学

海外に頻繁に行く私ですが、何度もお伝えしているように英語は話せません。 行く度に、英語話せるようになりたいなぁ… と悔しい思いをするばかり。 やっぱり英語でコミュニケーションが取れる取れないで、旅の楽 …

フィンエアーを勧める理由

海外や国内旅行で飛行機を利用する際こだわりはありますか?   LCC?マイルの貯まる航空会社?   基準はそれぞれだと思います。   私の好きな航空会社   私 …

Karl Fazer のチョコレート

Karl Fazerはフィンランドの有名なチョコレートです。 カールファッェルと読みます。 チョコレート好きとしては紹介せざるを得ない(笑)   フィンエアーでもいただきました。 残念ながら …

@ Sayaka

海外のひとり旅を愛する会社員。

フィンランドが大好き!

普段は旅行と全く関係ない仕事をしています。

色々なことに興味を持ちながらゆる~く日々を楽しんでいます。

>詳しいProfileはこちら