finland Travel ドミトリー ひとり旅

フィンランドのEurohostel

投稿日:2017年11月13日 更新日:

フィンランドで初めて利用したドミトリーについて紹介します。

ドミトリーって?という方は、ドミトリーを活用しよう へどうぞ。

 

 

私がフィンランドで初めて利用した宿泊施設はEurohostelというところです。

 

 

Eurohostel(in finland)について

フィンランドのEurohostel

 

ホステルというくらいなので、バックパッカー向けかな、と思います。

ですが1人部屋、ファミリー向けの部屋もあります。

 

ホステルカードやStudentカードがあれば10%安くなります。

Studentカードとして日本の学生証は使用できません(・.・;)

国際学生カードのようなものが確かあったのでそれを作らないとダメだった気が…

 

ちなみに価格を記載していますが、時期などによって変動します。

予約をされる際はこちらからどうぞ。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

部屋の種類

シングル

ツイン

トリプル

ファミリー

ドミトリー

の5種類です。

 

シングル

①バックパッカーカテゴリーと②ユーロホステルカテゴリーがあります。

Eurohostelのシングル

①バックパッカーカテゴリー

料金は€39.10~

部屋の設備は基本的なものと記載されています。

②ユーロホステルカテゴリー

料金は€43.50~

部屋の設備として、テーブル、椅子、鏡、ロックできる棚、ケーブルチャンネル付きのテレビがあります。

 

正直どっちがいいのか個人によるのかと。

どちらにも、タオル・モーニングサウナが含まれています。

 

ツイン

こちらのツインの部屋も

①バックパッカーカテゴリーと②ユーロホステルカテゴリーがあります。

Eurohostelのダブル

①バックパッカーカテゴリー

料金は€23.10~

部屋の設備は基本的なもの(ベッド2台・テーブル・椅子・食器棚)と記載されています。

②ユーロホステルカテゴリー

料金は€26.00~

部屋の設備として、ベッド2台・テーブル・椅子・鏡・ロックできる棚・ケーブルチャンネル付きのテレビがあります。

 

どちらにも、タオル・モーニングサウナが含まれています。

ここまで見てみると、ユーロホステルカテゴリーは+テレビな感じがしますね…

 

トリプル

トリプルの部屋も同様

①バックパッカーカテゴリーと②ユーロホステルカテゴリーがあります。

Eurohostelのトリプル

①バックパッカーカテゴリー

料金は€19.20~

部屋の設備は基本的なもの(ベッド3台・テーブル・椅子・ワードローブ)と記載されています。

②ユーロホステルカテゴリー

料金は€21.70~

部屋の設備はツインのユーロホステルカテゴリーと同じで、異なる点はベッド2台・ソファーベッド・ソファーチェアがあることです。

 

どちらにも、タオル・モーニングサウナが含まれています。

 

 

ファミリー

どのの部屋も同様

①バックパッカーカテゴリーと②ユーロホステルカテゴリーがあります。

 

①バックパッカーカテゴリー

料金は€52.50~

最大許容人数:大人2人、子ども2人(15歳まで)

 

②ユーロホステルカテゴリー

料金は€58.80~

最大許容人数:大人2人、子ども4人(15歳まで)

 

どちらにも、寝具・タオル・モーニングサウナが含まれています。

 

 

ドミトリー

ドミトリーはツインのバックパッカーカテゴリーで利用することができます。

 

料金は€28.90~

テーブルや椅子は共有で、ベッド・鍵付きの棚は個人で使用することができます。

 

どちらにも、寝具・タオル・モーニングサウナが含まれています。

 

私が使用したのはこのタイプだったのかな?

1日目は、韓国人の女の方と同じ部屋でした。

2日目は、どこか英語圏の方。

夜寝るときだけお互い部屋にいるってかんじでしたヽ(・∀・)丿

 

 

アクセス

地図で見るとヘルシンキ中央駅から遠く感じますが、もし徒歩で中央駅から行くとしても20-30分で到着します。

風景を見ながら散歩していたらすぐに着くかと。

ヘルシンキ大聖堂やウスペンスキー寺院が途中にあるので観光しながらでもいいですね!

 

トラムで行く場合は、中央駅からトラムを乗り換えていくことができます.

しかし、乗り換えは面倒くさいので…

 

中央駅からストックマンデパートまで歩き(5分もかかりません)、ストックマンデパートの目の前にある、Ylioppilastalo(Studenthuset)から4番トラムに乗りましょう。

ちなみに、ストックマンデパートから遠ざかるように進む4番トラムがホステルに向かうトラムです。

 

10分くらい乗っていると、Vyökatu(Gördelgaten)という駅に到着するので、この駅で降りてましょう。

 

ホテルの裏にトラムの駅Vyökatu(Gördelgaten)があるため、正面までぐるっとまわりましょう。そこから徒歩1分くらいです。

トラムを降り、進行方向に向いて右手にホテルがあります。

 

<スポンサーリンク>

謎の2言語表示

すごくどうでもいいことかもしれませんが、トラムの駅名(例):Ylioppilastalo(Studenthuset)の()の中何?!って思いませんでしたか?

 

実はこれ両方駅の名前なんですが、フィンランド語とスウェーデン語の両方で駅名が記載されています(もちろん現地でも)。

フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語なんです。

例えば、トラムの駅名:Ylioppilastalo(Studenthuset)の場合、

Ylioppilastalo:フィンランド語

Studenthuset:スウェーデン語

となっています。

 

現地にいってどっちが本当の名前!?とこれで混乱しないですね\(^o^)/

ちなみに、トラムや市バスでは『間もなく、Ylioppilastaloです』といったアナウンスは全くないので、自分の降りる駅がトラム内の電子表示板に表示されたら、降りますボタンを押しましょう。

 

 

Eurohostelについて紹介したいことが実はまだまだあります(笑)

ですが、お部屋や中央駅のアクセスに関してはこんな感じです。

次回それ以外の事を紹介できればなと思います。

 

 

-finland, Travel, ドミトリー, ひとり旅

関連記事

ムール貝

アントウェルペンで食べたムール貝

  みなさんムール貝って食べたことありますか? 私はベルギーに行くまで食べたことがありませんでした。   なぜベルギーで食べたかというと、ムール貝はベルギーで最も有名な料理の1つだ …

スウェーデンで観光するなら、ストックホルムパスがオススメ

    海外の観光地では、観光スポットを回るためのお得なチケットがある国がほとんどです。 どの国のチケットも観光客向けに作られているわけですが、私はあまり購入したことはありません。 …

ケシの花に囲まれる女の子

Marimekko本社の行き方

前回はマリメッコの本社について書かせていただきました。 なぜあえて本社をオススメするのか? 本社には何があるのか?   マリメッコ本社???という方はこちらからどうぞ。   この記 …

海辺でハートを持った女の子

ブログを始めよう

Moi!!!(フィンランドのあいさつ) はじめまして。 海外ひとり旅をこよなく愛する会社員で す。   ブログを書いているといっても、 現在の仕事と、海外ひとり旅・ブログ作成のつながりは全く …

人々の足

文化・人柄の違いを実感したお話(フライト編)

海外にいくと日本との文化の違いや人柄の違いを実感することがよくあります。 7月に訪れたフィリピンで、これが発展中のアジアか…と思ったことを、一部ですが紹介します。 もはや自分の下調べの甘さの失敗談です …

@ Sayaka

海外のひとり旅を愛する会社員。

フィンランドが大好き!

普段は旅行と全く関係ない仕事をしています。

色々なことに興味を持ちながらゆる~く日々を楽しんでいます。

>詳しいProfileはこちら